注目キーワード
  1. 動画
  2. ワーホリ

【穴場観光】シドニーのウィンヤード駅にある木製エスカレーターを見に行こう

  • 2020-01-02
  • 2020-01-17
  • Sydney

どうも、shoです。

 

本記事では、シドニーのウィンヤード駅にあるちょっと変わった歴史あるアート作品を紹介していきます。

 

シドニーにはウォールアートといったアート作品や、歴史を感じる建造物がシドニー内に数多く存在します。例えば、州立図書館の旧館や、QVBといった建造物から歴史を感じますよね。

 

また、ウォールアートで言ったら有名なのが、ボンダイビーチにあるSea Wall Bondiなんかが有名ですね。

 

しかし、本記事で紹介するちょっと変わったアート作品は、ウィンヤード駅構内にある木製のエスカレーター。

 

sho
エスカレーター!?

なぜ、エスカレーターの紹介をしていくかというと、歴史がありアート作品として展示されており、魅了されたから。

 

しかし、駅構内に展示されており、しかもウィンヤード駅となると出口がいくつもあるため、そもそも知らない、気付かないなんて方も多いかと思います。

 

本記事では、ウィンヤード駅にある木製エスカレーターの歴史の説明と、アクセス方法を紹介していきます。シドニーの穴場観光スポットでもあるため、見に行く価値はあるかなと思います。

 

【穴場観光】シドニーの木製エスカレーターを見に行こう

ウィンヤード駅の木製のエスカレーター

 

エスカレーターを降りていくと、天井に何か吊らされていますね。

 

この不思議なアート作品が本記事で紹介する木製のエスカレーターです。

 

sho
竜が蜷局を巻いているかのような印象を受けますね

 

この木製のエスカレーターが実際に使われていたというから驚き。

 

そんな木製のエスカレーターについてちょっと説明を加えていきます。

 

ウィンヤード駅の木製エスカレーターの歴史

The first three were installed in 1932 – the same year the Sydney Harbour Bridge was opened – and the fourth added in 1952.

引用元;https://www.smh.com.au/national/nsw/after-80-years-sydneys-wooden-escalators-face-the-chop-20160708-gq19io.html

この木製のエスカレーターが初めて導入されたのが1932年。ハーバーブリッジと同じ年に導入され、20年後の1952年に付け替えがされ、2017年まで利用されていました。

 

sho
ハーバーブリッジと同じ年というところに歴史を感じますね

 

“They are a part of Sydney’s history but we have more injuries on them. If you have any problems with people [injuring themselves on escalators] it’s on these,” he said.

“We had a woman who tore her skirt straight off [after it got caught] – she came down in her panties.”

Their wide wooden treads can be a trap, especially for high heels. Guide dogs have been injured after getting their claws stuck in the combs.

Yet as the first wooden escalators in Australia, the four at Wynyard are steeped in history.

しかし、この木製には欠点があり、女性が履いているヒールが木に引っかかって怪我をしたり、介護犬の足が溝に挟まって怪我をするといった事故がありました。

 

そんな歴史がありつつも、60年間も愛されて使われ続けたため、アート作品として展示されるようになりました。

 

sho
歴史を知ると見方も変わってきますよね

 

60年もの間シドニーの人々に愛され、利用されてきた木製のエスカレーターはどこで見れるのかを紹介していきます。

木製エスカレーターはどこで見れるの?

木製エスカレーターが見れる場所を紹介していきます。

 

York street沿いにあるウィンヤード駅を目指します。目の前にバス停がいくつも並んでいるところですね。

ウィンヤード駅

 

York street出口3番を目指し、到着したらエスカレーターを下っていきます。

York st 3番出口

 

エスカレーターを下っていくと、天井に吊るされた木製のエスカレーターが見えてきますよ。

木製エスカレーターをエスカレーターから見た眺め

 

ウィンヤード駅の木製エスカレーターのまとめ

見るだけだと5分くらいで見終わってしまいますが、それでも見に行く価値のあるアート作品かなと思います。

 

また、ウィンヤード駅はシドニーで3番目に利用者の多い主要駅となっているため、朝の通勤時間といった混雑している時間帯は避けましょう。

 

これを見に行くだけだと少しもったいないので、近場の穴場観光スポットを巡るのも面白いですよ。

ウィンヤード駅の木製のエスカレーター
最新情報をチェックしよう!