注目キーワード
  1. 動画
  2. ワーホリ

【メルボルン】ビクトリア国立美術館の見どころを紹介【無料で楽しめる観光スポット】

 

観光者
・メルボルンの観光スポットが知りたい
・ビクトリア国立美術館ってどんなところ?
・ビクトリア国立美術館の見どころを知りたい
・無料で入れるって本当?

 

 

といった疑問に答えていきます。

 

メルボルンの観光スポットの一つ、ビクトリア国立美術館の紹介をしていきます。

 

今回の観光案内;ビクトリア国立美術館

・ビクトリア国立美術館の場所
・ビクトリア国立美術館の紹介(料金、場内案内)
・ビクトリア国立美術館とフェデレーションスクエア

 

ビクトリア国立美術館は、無料でアート作品を楽しめる場所となっています。

 

ビクトリア国立美術館をおススメしたい理由

・無料で約7万点ものアート作品を楽しむことができる
・フリンダース駅から徒歩10分程で行ける
・イアン・ポッター・センターではオーストラリアの歴史を学ぶことができる

 

上記の理由を解説しつつ、ビクトリア国立美術館の見どころを紹介をしていきます。

 

また、行く前に少しでも情報を仕入れておくと、ビクトリア図書館内での楽しさが数倍にも膨れ上がりますよ。

 

 

ビクトリア国立美術館の一階

ビクトリア国立美術館の二階、入り口入ってすぐに金ぴかの謎のバイクが展示してありました。

 

作品の詳細情報の記載もなかったため、本当に謎な作品でした。

 

 

ビクトリア国立美術館インド作品

こちらは、インド関連の作品。近くに行ってよく見ると、踊っている絵が描かれています。

 

作品名はダンス。

 

詳細情報を読んだところ、インドにおいてダンスはとても重要な文化だということ。

 

sho
インド映画ってほぼダンスがメインに感じるのは、昔からの文化なんだね。

 

ビクトリア国立美術館ヨーロッパ作品

アメリカのアンディー・ウォーホルさんという方の作品。

 

死ぬ数カ月前に残した自画像。これは、肉体から遊離して自分の顔をみて描いたとても不気味な作品。

 

 

ビクトリア国立美術館ヨーロッパ作品2

ヨーロッパ関連の作品。磔にされた人間が、人面鳥に襲われている様子。

 

 

ビクトリア国立美術館ヨーロッパ作品3

考える人。ちなみにこの部屋の中央に銅像がいくつも展示されており、壁一面にはアート作品が展示されています。

 

こちらのスペースに入った瞬間の、アート感!は今でも覚えています。

 

それくらい衝撃的なスペースでした。

 

 

ビクトリア国立美術館最上階

ビクトリア国立美術館の最上階は、不思議な作品がいくつも展示されています。

 

上の作品はそのうちの一つ。トンネルのような作品で、中を通ることができます。

 

たぶん、音を楽しむアート作品なんだろうけど、いまいちピン!とこなかったです、、、

 

ビクトリア国立美術館への行き方と入場料、入り方

お金

 

ビクトリア国立美術館の場所、行き方、入場料と言った基本的な情報をお伝えしておきます。

 

ビクトリア国立美術館の基本情報

 

ビクトリア国立美術館の基本上は以下の通り。

 

ビクトリア国立美術館の基本情報

・ビクトリア国立美術館は1861年にオープンした、オーストラリアで最古の美術館。略称はNGV(National Gallery of Vivtoria)
・アジア、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパから集めた作品が展示されている
・コレクション総数は7万点以上
一般入場は無料
・開館時間10時~5時まで

ビクトリア国立美術館の日本語サイトはこちら→https://www.ngv.vic.gov.au/lote/japanese/

 

注目ポイント
・入場料無料で楽しめる
・世界各地から集めた作品を鑑賞できる
観光者
入場料無料で楽しめるのは良いですね。

 

ビクトリア国立美術館をおススメしたい一番の理由が、入場料が無料で約7万点ものアート作品を鑑賞できること。

 

これだけ多くのアート作品を無料で楽しめる美術館は他にはないはず。

 

アート作品に精通してなくても楽しめるようになっているため、行く価値はあります。

 

ビクトリア国立美術館への行き方

ビクトリア国立美術館はフリンダース駅から徒歩10分程の場所にあります。

 

詳しい場所を地図で確認

ビクトリア国立美術館場所

 

フリンダース駅から徒歩で行ける範囲にあるためアクセスは抜群ですね。

 

ビクトリア国立美術館の入場料

常設展示上は無料。

 

時期によって色んなイベントが開催されており、各イベントによって入場料が異なります。そのため、HPにて確認することをおススメします。

 

アート作品が大好き!折角なら有料の展示作品も楽しみたい!

 

という方は有料の施設へ行くのもありです。

 

ビクトリア国立美術館の日本語サイトはこちら→https://www.ngv.vic.gov.au/lote/japanese/

 

ビクトリア国立美術館に入るときの注意点

ビクトリア国立美術館に入る際は、荷物を預けなければいけません。

 

入り口入ってすぐのところに、荷物を預けるカウンターがあるので、貴重品だけ身に付けて荷物は預けましょう。

 

ビクトリア国立美術館の荷物預け

 

こちらで荷物を預けましょう。荷物を持ったまま入ろうとすると、係の人に止められます。

sho
私は止められて恥ずかしかったです。

 

 

ビクトリア国立美術館のカード

 

荷物を預けると、写真のようなカードを渡されます。荷物を引き取るときに必要なので、絶対に失くさないようにしましょう。

 

イアン・ポッター・センターの紹介

 

ビクトリア国立美術館のすぐに近くに、イアン・ポッター・センターがあります。こちらは、オーストラリアの歴史を絵画を通して学べる展示場になっています。

 

フリンダース駅前のフェデレーションスクエア内に展示場があります。

イアン・ポッター・センターの場所と入り口

イアン・ポッター・センターの場所が少しわかりづらかったので、写真で紹介しておきます。

 

イアン・ポッター・センターの建物

イアン・ポッター・センターが入っている建物は、中央の黒い建物。この建物の中に入り、階段を下るとイアン・ポッター・センターの入り口が見えてきます。

 

イアン・ポッター・センターの入り口
イアン・ポッター・センターの入り口

階段を下ると、入り口があります。

 

建物内に入ると、右手に受け付け、左手にお土産屋さん。

 

入るときは、ビクトリア国立美術館と同様、受付にて荷物を預け、カードを貰ってからの入場となるのでお気を付けください。

 

オーストラリアの歴史をアートで学ぶ

イアン・ポッター・センターはオーストラリア関連の作品が展示されています。

 

アボリジニ、第二次世界大戦、植民地時代から現代などのオーストラリアの歴史をアート作品を通じて学ぶことができます。

 

オーストラリアの歴史を学びたい方におススメ。

 

作品紹介(一部)

展示作品の一部を紹介していきます。

アボリジニの傘

こちらは、アボリジニの方たちが使っていた傘のようなもの。

 

sho
模様が左右対称になっているのが面白いですね。

 

イアン・ポッター・センターの作品第二次世界大戦

 

第二次世界大戦中の様子を表した作品。

 

sho
作品から伝わる絶望感、悲壮感が半端じゃない

 

 

イアン・ポッター・センターの作品帰宅

 

約60年前のオーストラリア。社会人が同じ時間に一斉に帰宅している様子を表した作品。まさに現代の日本と同じですね。

 

sho
顔つきから社会人の疲労感が伝わってきますね
イアン・ポッター・センターの最上階

 

イアン・ポッター・センターの最上階はステンドグラスが展示してあります。また、心地良い音楽が流れているため、リラックスできます。

 

sho
音楽が心地良くて寝てしまったのはここだけの話

 

ビクトリア国立美術館とイアン・ポッター・センターの特徴まとめ

情報

ビクトリア国立美術館とイアン・ポッター・センターの特徴をまとめていきます。

 

ビクトリア国立美術館の特徴

ビクトリア国立美術館の特徴をまとめました。

 

・世界各地から集めた作品が展示されている
・入場料は無料
・約7万点もの作品が展示されている
・荷物は入り口で預ける
・超有名な画家の作品も展示されている(ピカソとか)
・週末はとても混んでいる
・美術館内での写真撮影はOK
・美術館内にカフェがある

週末はとても混んでいるため、ゆっくり鑑賞したい方は平日がおススメ。

 

全作品を見て回ると3~5時間ほどかかるため、疲れたら一階にあるカフェで休憩するのもいいですね。

イアン・ポッター・センターの特徴

イアン・ポッター・センターの特徴をまとめました。

・オーストラリアの歴史を学べる
・入場料は無料
・入り口にて荷物を預ける
・週末でもかなり空いている
・イアン・ポッター・センターの中にカフェがある

 

ビクトリア国立美術館に比べたらかなり人が少ないです。

 

そのため、平日週末問わずゆっくり鑑賞することができます。

 

観光するなら

 

観光するならどういったプランがいいかを作ってみました。参考までにどうぞ。

 

開館時間からビクトリア国立美術館にて鑑賞

疲れたらビクトリア国立美術館の一階にあるカフェで休憩

ビクトリア国立美術館の後にイアン・ポッター・センターへ

鑑賞が終わり次第、フリンダース駅から帰宅orシティ内でディナー

最初にビクトリア国立美術館に行く理由

  1. 鑑賞時間が長くなるから
  2. イアン・ポッター・センターの方がシティに若干近く、そのあと行動しやすいから

 

以上が理由になります。

 

アート街、メルボルンではウォールアートといった個人が路上に描いた作品を楽しむことができます。

 

しかし、ビクトリア国立美術館、イアン・ポッター・センター共に無料でプロが描いた作品を心置きなく楽しむことができる。

 

こんな美術館はめったにないはず。

 

無料で鑑賞出来て、フリンダース駅からも徒歩で行ける距離にあるため、メルボルンに来たら絶対に観光しましょう。

 

以上、ビクトリア国立美術館とイアン・ポッター・センターの紹介でした。

人気記事の紹介。

本記事では、メルボルンに7カ月滞在した私が、メルボルンの観光スポットを巡るモデルコースと、おすすめホテルを紹介しています。

旅行慣れしていない方、計画を立てるのが苦手な方、メルボルンの観光を楽しみたい方、メルボルンの観光スポットを余すことなく観光したい方におすすめの記事です。

関連記事

どうも、効率よく観光するには計画が大事、shoです。   観光者 ・メルボルンを観光しようと思っているけど、観光スポットが多すぎてどこに行けばいいか迷う ・おすすめの観光プランやモデルコースを教えて欲しい […]

メルボルンの観光モデルコースとおすすめホテル3選の紹介
ビクトリア国立美術館
最新情報をチェックしよう!